昨日は「第33回福野のごっつお里いもまつり」が南砺市福野体育館で開催されました。

おはようございます!
昨日は雨が降って寒さが一層厳しくなる中、「第33回福野のごっつお里いもまつり」が南砺市福野体育館で開催されました。実行委員長として臨む初めての里いもまつりでしたので、多くのお客様に来ていただけるか心配しておりましたが、チケットを「里いも汁」と「里いも田楽」に引き換える為のお客様の長い列が2時間以上続くなど大盛況でした。また、例年通り1,000袋用意した「里いも」も1時間ほどで完売してしまいました。

ご来場されたお客様には、用意した里いもが1時間ほどで完売してしまってガッカリされた方々も多かったと思いますし、チケットの引き換えに長時間お待たせすることになって申し訳ありませんでした。心よりお詫びします。バックヤードの供給能力には限界がありますので、何卒ご容赦の程よろしくお願いします。また、駐車場も周辺にたくさん確保し、案内を徹底するように準備しておりましたが、なかなか駐車場が見つからず仕方なく路上駐車されたお客様もおられたようです。来年は駐車場に出来るだけスムーズにご案内出来るように準備したいと思います。

開会の挨拶でも述べましたが、戦前は新嘗祭(収穫祭)の日であった11月23日に、江戸時代から作られている福野の特産である粘り気が強くて甘い「里いも」の収穫を祝い、その「里いも」と「福野」という地域を広く知っていただき、交流人口を増やすことで経済的にもプラスになることを願って始まったと言われる「福野のごっつお里いもまつり」。昨日もたくさんのボランティアの方々と事業者の方々にお世話になり運営していただきました。心より感謝申し上げます。

大きなイベントは想定外が付き物です。多少忘れ物や靴の取り違えなどがありましたが、大きな事故や大きなトラブルも無く終えられたことに安堵しています。今日もとにかく感謝に次ぐ感謝の一日を!

(尚、写真の一部は武田慎一県議会議員の写真を拝借しました。)

30.11.24