先日、ニュース番組を観ておりましたら、レクサスの新型ESを取り上げていました。

おはようございます!
先日、ニュース番組を観ておりましたら、レクサスの新型ESを取り上げていました。レクサスは、ベンツやBMW、アウディなど欧州のブランドを意識してどの車種もこれぞレクサス!と認識していただくように同じ「顔」にしていくブランド戦略なんですかね?

新型ESには、先端技術としてドアミラーの代わりに電子ミラー(デジタルアウターミラー)を採用しています。皆さんも体験されていると思いますが、ドアミラーには死角があります。車線変更の時に冷やっとしたこともあるでしょう。この電子ミラーは死角が無くなるんですよね。それは凄い技術だと思います。ただ、モニターのデザインがもう少しスマートにならないかな?と感じますし、運転中に故障したらどうなる?ということもちょっと心配です。

ただ言えることは、新しい事に常にチャレンジしていかないとグローバル競争やテクノロジーの進化で変わるビジネスモデルで優位に立つことは出来ません。100年に一度の自動車業界の大転機とも言われている中、自動運転車が主流になると、自動車業界のビジネスも180度変わる可能性があります。どの業界も生き残る為には、意識して高速PDCAを回していくしかありませんね。

石破茂先生がいつも仰っていますが、我々の未来は今の延長線上にはありません。冒険、挑戦を繰り返し、高速PDCAを回しながら、ああでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返して進む一日を!

30.11.11