今日も人のご縁、繋がりに感謝し、将来に希望の持てる故郷づくりに冒険、挑戦する一日を!

おはようございます!
昨日は、富山県入りされた石破茂元自民党幹事長の県西部での遊説に同行。県西部(第三選挙区支部)選出の橘慶一郎衆議院議員は沖縄県知事選挙と宜野湾市長選挙に張り付いておられる為に不在でしたが、堂故茂参議院議員が一日同行して下さいました。

安倍総理の圧勝だろうと各報道機関が伝えています。しかし、お陰様で各会場どこも予定の人数を遥かに上回る方々にお越しいただき、熱気に包まれました。石破茂元自民党幹事長のお話も魂がこもっており、心を揺さぶられました。お話を聴いて涙ぐむ方々もいらっしゃいました。

私は何度もお伝えしていますが、決してアンチ安倍ではありません。かつて、イエローハット創業者鍵山秀三郎氏をはじめとする方々と共に安倍総理の誕生を願い、安倍政権のその後の実績も評価している一人だと自負するものです。しかし、自民党がこれからも国民政党として国民に寄り添う政党である為には、石破茂先生が仰るように、かつてのように逞しく意見を戦わせ、その中から政策を生み出していく懐の深い政党にしていかなくてはなりません。国民は見ています。やはり自民党は違う!と多くの国民に思っていただけるような歴史に残る素晴らしい総裁選となりますように心より祈念します。

各地でたくさんの方々にお世話になりました。富山県西部の市長、県議会議員、市議会議員、商工会関係、建設業関係…。ありがとうございました。また、国会議員の秘書の皆様には用意周到な準備をいただき改めて感謝申し上げます。

今日も人のご縁、繋がりに感謝し、将来に希望の持てる故郷づくりに冒険、挑戦する一日を!

30.9.13