立場や経験によって視野というものは変わって来る

おはようございます!
以前、「会社を9階建のビルに例えるならば、社長は9階からの景色を見ることが出来るが、入社して日が浅い社員は1階からの景色しか見ることが出来ない。それくらい立場や経験によって視野というものは変わって来る。」ということを人から教わりました。成る程…と感じました。

例えば、我々が所属するライオンズクラブ国際協会。今期は334-D地区2リジョンのLCIF委員を仰せつかっていますが、この334-D地区でさえ地区ガバナーをはじめたくさんの方々がもっと上位の役職を務めておられます。即ち、ライオンズクラブ国際協会を9階建のビルとするならば、地区ガバナーでさえもしかすると5階なのか6階なのかの景色しか見えていないのだと感じます。自分などはまだ3階くらいの景色しか見えていないんじゃないかと感じています。

長く会社を経営しておりますと、ライオンズクラブ国際協会だけでなく多くの組織で役職を与えられます。もちろん本業が一番大事ですが、どうせやるなら出来るだけ責任の重いポジションで違う景色を見てみるのも一度しか無い人生ならばロマンのある事かも知れません。(地位とか名誉じゃなくね。)

人生二度なし!時間は有限!時間は命!今日も冒険、挑戦の一日を!

30.8.28