昨日は、第64回芝水クラブ(山辺美嗣会長)の総会でした。

おはようございます!
昨日は、第64回芝水クラブ(山辺美嗣会長)の総会でした。昭和30年ごろに旧福野町の文化人の集まりとしてスタートした芝水クラブ。昨日は、アジア開発銀行駐日代表を務める松尾隆氏(氷見市出身)にお越しいただき、「変容するアジアにおけるアジア開発銀行(ADB)の役割」と題してご講演を賜りました。

アジア開発銀行については、中国がアジアインフラ投資銀行(AIIB)構想をスタートするまでは余りマスコミに登場することもなかったと思います。しかし、日本も含めて多くの国のインフラ整備にアジア開発銀行が果たして来た役割は大きかったことは間違いありませんし、今後もインフラ整備に特化したアジアインフラ投資銀行に対してソフト投資を含めた補完的な位置付けでアジア開発銀行が果たす役割は大きいということを実感した松尾隆駐日代表のお話でした。

立山町の丸新志鷹建設さんがネパールで公共事業を受注するなど大活躍されていますが、その背景にもアジア開発銀行の存在があったんですね。その紹介もありました。しかし、韓国の建設会社と比較すると日本の建設会社はアジアのインフラ整備でプレゼンスを発揮出来ていません。国内市場が縮小する中、日本の建設会社も海外、アジアに意識を向ける挑戦意識が必要だと感じますね。

可能性やチャンスにフタをするのは、常に人間の意識です。今日も可能性に冒険、挑戦する意識を持って行動する一日を!

30.8.19