より良い人生を歩んでいくために。。。

おはようございます!
昨日は、いろいろと出張中に出来なかった事をやるために午後から本社へ。スケジュールの調整や出張の手配…。あっという間に時間は過ぎました。時間の経つのは速い!改めて時間の有限性を感じました。

先日、ある本を読んでいたら琉球銀行のCMについて書かれていました。「人生には限りがある あなたなら何をしますか?」というCMです。インタビュー形式で「あなたの時間が100年あったら?」「10年あったら?」「1年あったら?」「1日あったら?」と質問が続きますが、自分の時間があと1日になると、インタビューに答える方々の答えが急に現実的になって、家族との時間など身近なものを大切にするというようなものになっていくんですよね。中には「最後に母親の手料理を食べたい。」なんて答えもあって人生の本質みたいなものを考えさせられます。なお、このCMはYouTubeで見ることが可能です。

「人生半ば」などと言いますが、実は自分の時間があとどれだけあるかなんて誰にも分かりません。どれだけ「自分の時間があと1日」という意識で生きられるか…。それがより良い人生を歩んでいく秘訣だと改めて感じます。自分は35歳の時に大病をしました。あの時、人生が終わっていたとしても全く不思議ではありませんでした。死の恐怖と向き合い続ける辛い闘病生活でしたが、それによって得たものも大きかったと今は感じています。まさに人間万事塞翁が馬ですね。

本社で仕事をした後、夕方から砺波ライオンズクラブの会計監査に出席し、終了後に出席者みんなで慰労会をしました。とてもいい話題で盛り上がりました。そこでも話題になりましたが、松下幸之助翁や丸山敏雄先生、船井幸雄氏らも仰っていますが、素直(純情)が大事です。今日も素直(純情)な気持で過ごす一日を!

30.7.15