この度の豪雨災害は死者、行方不明者の数、建物等の被害、物流網の寸断等平成最悪の大きな災害となりました。

おはようございます。
この度の豪雨災害は死者、行方不明者の数、建物等の被害、物流網の寸断等平成最悪の大きな災害となりました。犠牲になられた方には衷心よりお悔やみ申し上げます。また被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

インフラ整備を担う建設業の一人として申し上げたいと思いますが、今までのインフラ整備の基準を変える必要があると思います。これは既に議論も始まっていると思いますが、近年のゲリラ豪雨と呼ばれる大雨に今のインフラ整備の基準が追いついていないのが大きな被害につながる要因だと思います。

無駄な公共事業は削るべきでしょうが、国民の命と財産を守る国土強靭化をテーマにした公共事業(インフラ整備)は、知恵を絞り財源を確保して進めるべきです。この度のような豪雨災害が起こって失われるものの大きさを考えると痛切に感じることです。

何にお金をかけるべきか…。国も試行錯誤していますが、そこが今後の日本を決めると思います。地方から今後も思いを伝えていきたいと思っています。今日も皆さん、自らが源となって元氣を出して明朗活発な一日を!

30.7.10①

  30.7.10②   30.7.10③