昨日は、政策集団 水月会(石破派)のセミナーに出席しました。

おはようございます!
昨日は、政策集団 水月会(石破派)のセミナーが東京のホテルニューオータニで開催されて出席しました。会場溢れんばかりの出席者でありました。富山県からも県議、市議、企業経営者ら10数名が参加しました。

セミナーの第1部は水月会会長である石破茂先生の講演でしたが、昨日も石破茂先生の講演は素晴らしいものでした。総裁選出馬への意欲を強く滲ませるエネルギーレベルの高いお話で会場に集まった方々を魅了しました。

水月会の名前の由来は、水に映る月の姿のように無心、無欲の高い境地で務める、無心、無欲で時代の要請に応えるとの意味があると言われています。第2部の懇親会で乾杯の音頭を取った元衆議院議員の笹川尭氏は、水面に映る月のように実態では無いものの中から本質をつかむという意味もあると持論を披露して水月会並びに石破茂先生にエールを送りました。友党である公明党から山口代表と大口国対委員長、自民党からは二階幹事長、竹下総務会長、岸田政調会長など三役をはじめ、各派閥の領袖や事務総長なども顔を揃えて豪華な顔ぶれでした。

安倍政権も経済政策、外交共によくやっていると思いますが、かつてのようないろいろな意見、政策を自由に戦わせることが出来る懐の深い自民党、活気のある自民党を実現し、少子高齢化という避けられない現実から目をそらすこと無く地方創生を加速する為にも水月会並びに石破茂先生のご活躍を心から期待します。

今日も現実から逃げる事なく真っ正面から対峙していく一日を!

30.5.31①  30.5.31③                                    30.5.31②